ぺんの技術メモ

プログラミング勉強の記録を、のんびりと書いています。

Ubuntuでchromedriverを使ってみた

Ubuntuでchromedriverを使った際に、特に苦戦した点を挙げました。

Chromeをインストールする

a. 前準備

公式サイトからChromeインストーラをダウンロードしても、インストールが進みませんでした。
→インストール前に、以下のパッケージをインストールしておく必要があります。

$ sudo apt-get install libappindicator1

上記を実行するとエラーが出てしましました。Chromeのインストールを何度も試していたため、中途半端に入ってしまっていたようです。
→PC内に残っているChromeを一旦削除します。

$ sudo apt-get remove google-chrome-stable


b. インストール

公式サイト(https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/)からインストーラをダウンロードし、インストーラのあるディレクトリにて以下のコマンドを実行すれば、インストール完了です。

$ sudo dpkg -i ダウンロードしたインストーラ名.deb

参考記事:http://koheik.hatenablog.com/entry/2017/04/28/175955

②chromedriverをインストールし、/usr/local/binに移動させる

$ sudo mv chromedriverをインストールしたディレクトリのパス/chromedriver /usr/local/bin



③binary_locationで/usr/bin/google-chromeを指定する。

Chromeをインストールすると、/usr/binにgoogle-chromeが入ります。SeleniumChromeを動かす際には、binary_locationを/usr/bin/google-chromeと指定してください。

options.binary_location="/usr/bin/google-chrome"

参考記事:https://qiita.com/shinsaka/items/37436e256c813d277d6d

PythonでのQRコード作成方法

Pythonを使って、自分のGitHubページのQRコードを作ってみた。

QRコードモジュールのインストール

sudo pip install qrcode

Pillowはインストール済みだったため、これで準備完了。

②makeqr.pyの作成

import qrcode
from PIL import Image

img = qrcode.make("https://github.com/SatomiWatanabe")
img.save('qr_code.png')

img.show()

③makeqr.pyの実行

python3 makeqr.py

無事にQRコードが生成されました。

参考記事

qiita.com

DjangoアプリでBootstrapのテンプレート(static file)が表示できない

ローカルでrunserverすると Invalid block tag: 'static'

'static'の定義づけ

{% load staticfiles %}
<img src="{% static "src/static_in_pro/our_static/css/shop-homepage.css" %}" alt=""/>

(Django1.9以前はload staticfiles、それ以降はload static)

をbase.html上部に加える →同じエラー

参考記事 Django staticファイル まとめ

htmlコメントアウトしてエラーが出るか確認 →同じエラー

base.html, head_css.html内のstatic関係のコードを別ファイルに移しとく →エラーなし

base.htmlにstaticのコードを復活 →エラーなし

head_css.htmlにstaticコードを復活 →初めと同じエラー。ここに問題ありと判明。

staticの定義づけコードをhead_css.htmlにも加える →エラーは消えたものの、テンプレートが反映されない

ルートの確認(staticディレクトリ以下のディレクトリ名のみ記述) →成功